読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何したらいいですか?〜JKと大学受験してみた。

社会人が現役JKと大学合格を目指す記録です。

割と本気で2014年の同志社大学英語第2問で必要な知識を解説してみた。

以前の記事で

team-mukonoso.hatenablog.com

 

第1問を解説してみたので、今回は第2問(2014年)を全力で解説してみます。

諸事情により過去問は非掲載なので、お手元に過去問をご用意してください。

f:id:team-mukonoso:20170510121939j:plain

 

全体の構成

 まず全体の構成から。イメージとしては第1問から、内容一致問題と和訳問題を抜いた感じ。長文の量はほぼ同じというところ。配点も72点と第1問とほぼ同じなので、細かい部分は前回の記事を参照してほしい。

ⅡーA

 本文空所補充問題なので、文章を読みながら答えていくのがベスト。知識としては熟語問題が多く、受験生としては覚えておいてほしいレベル。気になったのは(X)問題で、trial and error:試行錯誤、などのぱっと見、ナンジャコリャとなるようなものもあるが精神面の揺さぶりをかけられるだけで大して難しい問題ではない。落ち着いて解答してほしい。

ⅡーB

 こちらの問題も下線部の単語やフレーズと同じ意味を選ぶ問題であるが、若干語彙のレベルは高め。知っていれば解けるが、知らない単語が出た場合、該当文章前後の意味から類推していく必要あり。例えば(f)問題。rolled out:製品などを本格的に展開していく。という意味になるのだが、この意味を覚えている人、というか知っている人はあまりいないのではないだろうか?これを一文でみてみると、(中略)a self driving car, now on its way to being rolled out by Google?となっており自動運転という単語が出てきている、そしてコンマで繋がれており、"いまグーグルによってrolled outされるべき道の途中なのだろうか?"という意味で書かれているのだが、自動運転は現時点でも研究されている分野であり、これから本格的に商品化されてくるということを知っている受験生であれば正答までたどり着くことができるだろう。

ⅡーC

 下線部の言い換え問題。単純な知識に加えて、本文の内容把握も正確に行うとより正答率が高まる。

ⅡーD

 文章完成問題。基礎的な知識prevent A from ~ing を問う問題であるが、yetの入れる位置に迷う受験生が多数いたのではないか。yet anotherで"さらにもう一つの"という意味になることを知っていれば、数秒で解答可能だが、わからなければ勘で解くことになるだろう。

まとめ

 全体的に第1問よりも、問われる知識が深いような気がした。さらにいうと文章の内容も技術関係ということで興味のある方にとっては、ほぼ読まなくても内容のわかる問題であるが、そうでない方にとってはアレルギー反応を引き起こしやすい問題であった。

 点数を高めるコツとしては、勘で解く問題を考えすぎないこと。知識がなくてわからない問題に数分もかける必要はない。他の問題を解答すればいいのである。

 少し何度が高めということで目標は55点〜60点としておく。

第1問及び第2問の出典に関して。

 scientific american、wall street journal、encyclopedia など出典が書かれているのが特徴。ちなみにこれらのサイトはインターネットから簡単にアクセスできる。ちなみに、scientific americanに関しては3年の内、2回出題されていた。つまり、ある程度の文章が読めるようになったのであれば、これらの文章を使って精読と文章慣れすることが一番の対策ではないだろうか。(注釈がないので、辞書は必須。)

 時間がかかって効率が悪いという批判を受けることを覚悟で書いているが、出典が書かれているのに、それを読まないというのはバカではないのか?笑

 その辺をよく考えてほしい。

仕切り直し。再スタート

今日で学校の定期テストも終わり、ここからまた仕切り直しの再スタートだ。

 

ひとまずの目標として、英検2級受験。

 

受験日まで約10日間。

 

team-mukonoso.hatenablog.com

 

この記事でも書いたが、戦略としては完璧に立っている。が、いかんせん時間があまりない。

 

ということでこの際、文法は思いっきて捨てる。

 

語法とイディオムを中心にリスニングとライティングの対策(英語を話す力)をしっかりとやっていこうと思う。

CD3枚付 英語で話す力。141のサンプル・スピーチで鍛える!

CD3枚付 英語で話す力。141のサンプル・スピーチで鍛える!

 

 

さて、英検の受験があるからといって、他の教科をやらなくていいわけではない。

 

勘違いしてはいけないのが、

 

英検2級に合格することが目標ではない。

 

最終的には同志社大学に受かることである。

 

ここを見失ってはいけない。

 

したがって、並行して日本史の問題集及び現代文の演習にも取り組んでもらう予定。

 

さあ、しまっていこう。

 

 

1日の時間。寝て、起きて、ご飯食べて、勉強して、勉強して、勉強して。

今日は久しぶりにAgさんに会った。

 

どうも学校のテスト勉強に追われている様子。

 

いや正確にいうと、学校のテスト勉強をしているけれども、受験勉強をしなくてはいけないという焦りが感じられる。

 

まあ1回目の学校のテストが終われば大体どれぐらいの勉強で欠点を避けられるかがわかるはず。(高校2年生までは定期テストも頑張ったほうがいいと思う笑)

 

早くテスト終わらんかな。と本人ではないけども思っている。

 

 

さて、今日はAgさんの友だちにも初めまして、こんにちは。をした。

 

志望校は関西学院教育学部、もしくは神戸市外国語大学(どっかで聞いたことあるぞ。笑)

 

まあ、関西では割と有名な学校ですし、後者は一応国公立大学でございます。

 

よくよく話を聞いていくと、何を勉強すればいいのかわからない。とのこと。Agさんと一緒ね、そこは。笑

 

勉強の詳しい内容はさておき、大事なことは

 

自分が使える時間を確定させること

 

勉強は時間ではなく、内容で計るべきということは前にも言ったし、Agさんもそうしているが、内容を充実させるためにはある程度の時間を確保する必要がある。

 

つまり、内容にこだわっていけば自ずと勉強時間もかかるということ。

 

1日に10時間も勉強したから良い、ではなく1日にやるべきことを終わらせたら結果的に10時間かかってしまった。これが本来あるべき姿なのではないかと思う。

 

基本的な考え方の後は、軽く全体的な教科ごとの戦略をお話し。

 

まあネックは現代文の点数をどれだけ安定させることができるか。これに限ります。

 

とにかく、Agさんと同じような悩みや不安を抱えている高校生は本当に多いし、少しのアドバイスで劇的に変わる可能性があるということは痛感できました。

 

【今日の勉強量】

学校のテスト対策。

 

【アドバイス

Agさんへ:はよ、テスト対策は終わらせて、英検の勉強しぃ。

 

Wさんへ(わかるかな?ていうか合ってる?!):やるべき教科は決まったので、後はいつスタートするかです。具体的なやり方などは、また機会があれば教えられますのでAgさんに言ってください。発音記号勉強しておいてください。(5月の終わりまでに。)

 

 

 

 

 

 

久しぶりのテスト(TOEIC受けてみた)

現在Agさんが学校のテスト期間中なので、今日は僕の話題を少し。

 

本日、大学以来TOEICを受けてきた。

 

前回は教育実習に必要ということで、もちろん無勉で受験。持ち前の英語力(外国語大学生なので普段英語はやってました。)で850ぐらいは取れたと記憶しています。

 

それから英語にほぼ触れることなく、約6年。なぜ今回受験しようかと思ったのか。


TOEIC結果発表!英検2級1次合格者のレベルは?!

知り合いのYoutuberが受験するということで受験しました。

 

でまあ、振り返りますと、

 

まず、2時間はきつい。

 

これに限りますね。集中力もへったくれもありません。

 

こればかりは訓練をしなければ、慣れないでしょうね。これからの課題です。

 

英語的な観点から感想を書くと、

 

やはりリスニング力が落ちていることは痛感しました。リーディングパートとリスニングパートとあるのですが、リーディングは、おそらく1、2問しか間違えてないような気がする。(これで点数低かったら笑うけどね。)

 

問題はリスニングですよ。聞き取ることはできるのに、解答できない。自信がない。

 

何を言っているのかはわかるんですが、選択肢を見ると、答えが決まらない。

 

やはり、リスニングは毎日の積み重ね+問題独自の傾向を掴むことが肝要だと感じました。

 

9月に上の動画のYoutuberがリベンジすルらしいので一緒に受けてきます!

少しづつ成果が。

今朝のLINE。

 

「一昨日、大学の話で後ろにinがあったからmajorで専攻するて覚えてて、出てきた!」

 

少しずつだが成果が出てきている模様。

 

確かにmajor in 専攻する、で覚えるのがこれまでというか、大多数の受験生がやっていることなんだろうけど、文章の内容から推測して、majorという単語が選べられたという点が素晴らしい。

 

やはり大量のインプットとアウトプットをやってこそ、英語は身についていくものだということを実感した。

 

話は変わるが、5月24日まで、Agさんの学校は中間テストだそう。

 

ここで勉強のペースを乱してしまうのは正直痛いところ。

 

学校によるけれども、受験を意識した中間テストにしてくれる学校であれば、指導する側からすればこんなにありがたいことはない。

 

問題は、学校の中間テストでしか問われないような問題を平気で出題してくるところ。(例:クジラ構文笑) 

team-mukonoso.hatenablog.com

 

以前のブログ記事でも書いたけれど、学校が受験生の足を引っ張ってる部分は多少なりとも存在するように思う。

 

学校批判をしたいわけではない。現状の学校教育に一石を投じたいのである。

 

いずれにせよ、Agさんは着実に成長している。

 

ももっと精進しなければ。。。

 

【今日の勉強量】

学校のテスト課題

英語:英検イディオム問題、長文やり直し

 

日本史と現代文が少なくなってきているのが気になるところ。2日に1回ペースでもいいので、継続しないと忘れてしまうね。

Agさんを英検2級1次に合格させる方法を真剣に考えてみた。

 前回の記事で

team-mukonoso.hatenablog.com

  英検2級合格のためにはライティングが難関になるだろうと予想した。

 

 その後、ライティングを実際に書いてもらって気づいたことをまず書いておこうと思う。

 まず、英語にしようとする日本語が難しすぎることが挙げられる。

 

ライティングテストの採点に関する観点および注意点(1級・準1級・2級) | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

 

 上は日本英語検定協会のライティングの採点基準であるが、難しいことを書けばいいとはどこにも書いていないのである。

 簡単に要約すると、

 

内容面では、課題に正しく答えており、わかりやすく論理的に正しいかという観点から採点され、英語面では同じ語彙・構文を繰り返していないか、またバリエーションをもたせてつつ、それが正しく書けているかどうか

 

 これら2点から採点されるのである。つまり、いくら難しい内容を難しい単語や構文で書いたところで、ミスをすれば減点されていくという推測が立てられる。

 そこで、Agさん向けの対策としては、まず何個か簡単な例文を覚えてもらうことにした。使う教材はこちら

CD3枚付 英語で話す力。141のサンプル・スピーチで鍛える!

CD3枚付 英語で話す力。141のサンプル・スピーチで鍛える!

 

  こちらの教材、題名はスピーキング向けとなっているが、十分ライティングにも使用可能である。短いスピーチが掲載されており、自分の意見や主張を述べる際のテンプレートのようなものが多数収録されている。

 

 この例文の暗記に加えて、In addition to, for example, first, second, As I mentioned above, In conclusion などの文章に論理性をもたせる表現を何個か習得すれば十分合格点には届くだろう。

 

 筆記試験では、ネックなのは語彙・熟語問題であろう。単純に問題数が多いということもあるが、長文問題に関しては4月からAgさんは着実に勉強をこなしてきているので特別な対策を講じる必要はない。

英検2級語彙・イディオム問題500 (英検分野別ターゲット)

英検2級語彙・イディオム問題500 (英検分野別ターゲット)

 

  新しく単語帳を使うというのは、時間的にも効率が非常に悪いので、こちらの問題集で解きながら覚えていってもらうのが、効率的であろう。

 

 Agさんのこれまでの勉強量と内容から、ベストな対策を講じられたと思う。あとは本人がどこまでこなせるかだ。

 

 頑張れよ!

英検2級受験

Agさんが2級を受けるらしい。

 

僕は英検をこの時期に受験することに関しては賛成である。

 

もちろん合格するに越したことはないのだが、受験することに意味があると思う。この時期に試験の雰囲気味わってもらえるのは非常に大きい。

 

さて、レベル的には2級は高校レベル。十分対応可能である。

 

一番対策に皆さんが困るのはライティングではないだろうか。

 

f:id:team-mukonoso:20170514223730p:image

これは過去問であるが、ここを適当に書いてしまうと思う。Agさんも同じく。

 

原因はなんだろうか?

 

最も大きな原因は、難しく考えすぎてるということであろう。

英語の作文のテストなので、難しい内容を書く必要はないのである。

 

要は、英語の正確性と論理に矛盾がないかどうか。トピックからずれていないかどうか、たったこれだけである。(詳しくは採点基準を見て欲しい)

 

次回の記事では、このライティングを詳しく見ていこうと思う。

 

【今日の勉強量】

英検2級過去問演習

2017年度版 英検2級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

2017年度版 英検2級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)