読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何したらいいですか?〜JKと大学受験してみた。

社会人が現役JKと大学合格を目指す記録です。

学校の課題との向き合い方、睡眠時間と勉強

 

おととい、昨日と「すごくねむい。寝ていい?」とのLINEが来た。

 

もちろん寝てもらって構わない。

team-mukonoso.hatenablog.com

 

こちらの記事でも書いたが、眠たいのに勉強することはすなわち無駄な時間を過ごすことと等しい。

 

明日の朝、早く起きてやればいいよ。と返事をする。

 

正直に言おう。この時点で多分明日は起きないと思っていた。過去の経験から。

 

僕はこれまでこのセリフを言った人で、朝起きた人に会ったことがない。

 

人はそこまでストイックではない。基本的には。

 

 

案の定、今朝「今起きた。ごめん。」とのLINE。

 

いいえ。わかってたからいいよ。ではどうすれば、現状を変えられるかを考えよう。 

現状分析

 まず、現状として、ここ二日間は学校の課題をこなすだけになってしまっている。この状況を変えることが最優先事項。そして眠気が襲ってきたときの対処法も考えなければならない。

 

 

学校課題との向き合い方

 まずは学校課題の効率化をしなければならない。まあ要するに、やるべきこととやらなくていいことを分ける。

 例えば、Agさんの学校では英語の教科書の丸写しが出るそうだ。これは時間をとってやるようなことではない。文明の利器いわゆるコピー機があるのだからコピーを貼り付けてしまえばいい。

 というかこんな課題を出している教員がまだ日本には存在するのか?

 

本当に愚かだ。

 

 指定校推薦などで、内申点が必要な人は、残念だけれども真面目に頑張ってもらうしかない。成績を決めるのは低レベルな教員なのだから。

 しかし、大学入試で合格を目指すのであれば、そんな教員の指示に従う必要はない。あなたにはもっと他にやるべきことがある。学校の課題を効率化して、その分の時間を受験勉強に充てて欲しい。

 高校時代の数学の先生にこんなことを言われた。

 

「俺はお前らの人生に責任は持てない。だから数学のいらないやつは授業中他のことをやっても構わない。」

 

 この話を美化するつもりはないが、私が言いたいのは、教員は生徒の人生について責任は持てないというところ。進路相談などでも、今の成績が悪いからやめておけ。と言われるそうだ。

 

 

そんなものお前には関係ない。

 

 と一蹴すればいい。だって教員が入試を受けるわけじゃないのだから。

 

 ただし、全て自己責任である。勉強もせずに絶対に合格不可能な大学を受験するのは、自爆である。自分のできうる最大限の努力をしよう。

 

 

眠気対処法

 眠気に関してだが、基本的なスタンスは「眠たければねればいい」

 しかし翌日に全然勉強しなかったと後悔するのであれば、起きてやればいい。

 そこで眠気を覚ます方法をいくつか紹介しよう。

 

 一つ目は大きな筋肉を動かすこと。(解剖生理学の講座中に医師に聞いた話)

 人間の筋肉の中で大きな筋肉といえば、大腿四頭筋だそうだ。つまりスクワットをするのである。他には階段の昇り降りも効果があるらしい。

 

 二つ目には、寝る準備をしないということ。

 例えば勉強終わるまではお風呂に入らない、歯を磨かない。つまり、寝るためにいくつか障害を作っておくのである。

 

 三つ目は、仮眠を取ること。

 決してベッドや布団に入ってはいけない。机の上で寝るのである。15分程度の仮眠は効果的だそうだ。

 

 

 このブログの読者さんとも共通事項があるかもしれないので、ぜひ参考にしていただきたい。

 

【今日の勉強量】

学校課題のみ

スタンフォード式 最高の睡眠

スタンフォード式 最高の睡眠